現場のミカタ


本コーナーは現場スタッフの方々に私たちが実際に実施して上手くいった事例や、フィットネスビジネスの考え方を無料で公開するコーナーです。私たちは社員全員が「現場経験者」であり「現場出身者」です。私たちは「現場経験者」であることにプライドを持っていますし、「現場こそ」がすべてだと思っています。そこで、全国の現場スタッフの方々にもっと役立つことはないかと考えた結果、本コーナーを立ち上げることにしました。「そんな重要なことを無料で公開していいのか?」という声もあるかと思います。しかし、私たちは事例や知識に価値はないと考えています。価値があるのは、「その裏にある原理原則」であり、「ともに考える時間」であり、「新しい価値を生み出す時間」にあると思っています。最初は諸々の事情から、一部の事例等しか公開できませんが、引き続き、「続々」と情報公開していけるように頑張りますので、ご期待ください!

※「現場のミカタ」は2013年9月18日までの更新となっております。

現場の営業施策事例


本コーナーでは、実際の営業施策の中から効果のあったものを、画像などを用いて、「できるだけ現物に近い状態」でご紹介します。なお、本コーナーでお伝えすることは、すべて自クラブで実践をしたもののみを集めています。今後も定期的に、続々とアップさせますのでご期待ください。

しかしながら、掲載していることは「過去の事例」に過ぎません。また、表面的な採用は、仮に効果があっても短期的です。施策の実行にあたっては「原理原則」に基づく「熟考」が必要であることを重々ご理解ください。

※各項目をクリックしてください。PDFファイル

1.集客手法事例PDFファイル
多くの方々の関心が高いであろう「集客増」につなげるための「観点」を6つご紹介します。そのまま採用するのではなく、あくまでも「観点」として参考にしてください。「集客」は多面的なものであり、単に媒体とかデザインで決するものではありません。それを担保すべきプログラムや仕組みといった商品と一体になって行うことが基本となります。

(1)イベント型 

(2)リザルト型@

(3)リザルト型A

(4)リムーブ型

(5)一点突破型

(6)問い合わせ型
 

(7)オープン●周年型 

2.紹介入会訴求事例PDFファイル
紹介入会の訴求方法を7つ(1つはNG編です)紹介します。資料内でも説明していますが、訴求方法やプレゼント内容で紹介入会は増えませんので、ご注意ください。ただし、これらの工夫をすることで、館内にワクワク感が生まれ、お客さま同士の会話が盛り上がるなどの効果もあります。あくまでも、アイデアのきっかけとして活用ください。

(1)季節の商品型など 

(2)選べる商品型 

(3)救ってあげよう型 

(4)笑顔のプレゼント型 

(5)体験誘導型 

(6)(禁断の)キャッシュバック型 

(7)やってはいけない型(NG型)


3.サプリメント販売増関連

(1)若々しく健康でいるための栄養図 〜これを知らなきゃ始まらない!〜 

(2)プロテイン啓蒙ポスター(女性版)

(3)プロテイン啓蒙ポスター(男性版)

(4)プロテイン啓蒙ポスター(導入版)  



マネジメントの基礎知識


本コーナーは2007年4月〜2008年9月に、メルマガ「マネジメント大学」に掲載した内容を復元しています。時の経過とともに、考え方が変わったこともありますし、表現が稚拙なものもありますが、常に真剣に書いきたつもりなので、基本的にはそのまま掲載しています。「1テーマ」ずつ、確実に習得いただければ嬉しい限りです。
※各項目をクリックしてください。PDFファイル

Vol.1 「リーダーシップ」と「マネジメント」の違い

Vol.2 「リーダーがやってはいけないこと」

Vol.3 「リーダーがし続けなければならないこと」

Vol.4 「戦略と戦術の違い」 

Vol.5 「経営の本質と時間配分」 

Vol.6 「リーダーに必要な4つの力」


Vol.7 「リーダーに必要なマネジメント」

Vol.8 「リーダーが教えるべき仕事の基本」

Vol.9 「リーダーが教えるべき整理習慣」 

Vol.10「基本習慣(「思考習慣)」 

Vol.11 「基本動作の総括」 


Vol.12 「志を明確にすることの重要性」 

Vol.13 「学び続けることの重要性」 


VOL.14 「成長段階と教育の関係」 

Vol.15 「営業5ゾーン」 

Vol.16 「マーケティングの基本@」

Vol.17 「マーケティングの基本A」
 

Vol.18 「マーケティングの基本B」 

Vol.19 「マーケティングの基本C」
 

Vol.20 「見学案内の第1、第2局面」

Vol.21 「見学案内の第3、第4局面」 
 

Vol.22 「店舗のサービス管理@」 

Vol.23 「店舗のサービス管理A」 

Vol.24 「売上と経費の管理(売上編)」 

Vol.25 「売上と経費の管理(経費編)」 

Vol.26 「売上と経費の管理(利益編)」
 

Vol.27 「間違えだらけのシフト作成@」 

Vol.28 「間違えだらけのシフト作成A」

Vol.29 「間違えだらけのシフト作成B」
 

Vol.30 「クレーム対応(対応の基本)」 

Vol.31 「クレーム対応(全体像の理解)」
 

Vol.32 「クレーム対応(マネージャーを子困らせる一言)」 

Vol.33 「3C分析」 

Vol.34 「SWOT分析」
 

Vol.35 「2008年5月版:リーダーに必要な3要素」 


現場からのQ&A 


本コーナーはは2007年7月から現在に渡り、ブログ「フィットネスお悩み相談」、および「フィットネスビズ兄に訊け」に掲載した内容から抜粋しています。現場スタッフからのご相談に、現場叩き上げの遠藤が真っ直ぐにお答えした内容です。こちらも、上記のマネジメント同様に考え方が変わったこともありますが、同じ理由から基本的にそのまま掲載しています。「考え方」の参考としてお役立てください。
※各質問をクリックしてください。

Q1::「トレーナーで進むべきか、マネージャーに進むべきか。」

Q2:「日々が、ただ忙しいだけで終わってしまいます・・・。」

Q3:「意気込んで着任したものの・・・現場が変えられません・・。」

Q4:「このケースは、転職すべきか?」

Q5:「『坊主頭は禁止』と指導していると聞きましたが、何故ですか?」

Q6:「本社に『社員不足』を相談しているが聞き入れてもらえません・・。」

Q7:「トレーナーに資格は必要だと思いますか?」

Q8:「予算作成の時期なのですが・・困っています。」

Q9:「家を購入しようか迷っています・・・」

Q10:「日々、新聞を読む意味を問うても、上司が答えてくれません・・・。」

Q11:「来年から就職活動!企業選びのポイントは?」


Q12:「開業時に集客が目標の半分です・・・」 

Q13:「『給料を上げたければ、結果を出しなさい!』と会社から言われるのですが・・・疑問があります。」 


Q14:「所属している会社に店舗展開の予定がなく、自分のキャリアについて不安を感じています。」 

Q15:「部下からの評価が悪くショックです・・・。」 


Q16:「今いる環境は、気の合う仲間もいるし、やりやすいのですが、成長できない不安も・・・。」
  

Q17:「現場に入りつつ、効果的にマネジメントを学ぶにはどうしたらいいでしょうか?」

Q18:「大きな組織から小さな組織に移ってやりがいがあります!」  


Q19:「30代で差をつけるために、20代のときにすべき努力とは?」 


Q20:「改善提案の書き方は?」

Q21:「会社に反対意見を述べるには?」 

Q22:「リーダーとして物事がはっきり決断できません・・。」
 

Q23::「クラブ外でのお客様との交流方について質問です。」

Q24:「社内でのポジションが見つけることができません。自分のポジショニングを確立するには?」 

Q25:「見学後日入会の特典を上げたら怒られてしまいました。」
 

Q26:「業界内の転職を禁じている会社があると聞きましたが、正当性はあると思いますか?」

Q27:「フィットネス業界の今後はどうなるのでしょうか・・」 

Q28:「仕事に追われ、読書をする時間をつくれないでいます・・」

Q29:「私のクラブのマネージャーはまったく現場に出ません。これでいいお店ができるのか・・・」 

Q30:「チーフトレーナーをしています。アルバイトスタッフの意見はどこまで尊重すれば・・・」

Q31:「トレーナーで大切なのは知識だと思います。遠藤さんが『トレーニングが必要』と言う理由は?」

Q32:「社内人事について納得がいきません。」

Q33:「具体的な手帳の使い方は。」

Q34:「:「ジムでipodをしながらトレーニングするのをどう思いますか?」 

Q35:「契約しているパーソナルトレーナーの態度の悪さに困っています。」

Q36:「競合の進出等もあり、会員数が2年前から1000名以上減ってしまいました。」 

Q37:「結婚を考えているのですが、現在の給料ではこの先に不安があります。」

Q38:「独立するかについて悩んでいます。その際に注意すべきことは何でしょうか?」 

Q39:「フィットネス業界を1回やめました。今、再度復帰するか悩んでいます・・」 

Q40:「よく『物事の本質をとらえることが大事』といいますが、どのような努力が効果的でしょうか?」

Q41:「部下のモチベーションを上げる最良の方法は?」 

Q42:「入社して1ヶ月。これは5月病でしょうか・・・。」 

Q43:期限までに仕事を終わらせることが出来ません。スピードアップのコツは・・・。」
 

Q44:「お客さまから『スタジオプログラムをFAXしてほしい』と依頼されたのですが・・。」 

Q45:「会社の方針に一貫性がありません。現場レベルでできることは・・」 

Q46:「登録会社が吸収合併!その時、パーソナルトレーナーは?フリーインストラクターは?」
 

Q47:「社員が現場にまったく出ず、全てがアルバイト任せです。」


Q48:「当社の経営陣はほとんどトレーニングをしませんし、スタッフにもそのような指導をしません。」
 

Q49:「仕事でうまくいかないことを『人のせい』にしてしまう自分に成長を感じません・・。」 


Q50「:トレーナーなのですが数字が苦手です。クラブのPLとか言われても、まったくわかりません。」

Q51:「私はチーフ時代に家庭を犠牲にしながら働いてきました。今の若手はプライベート優先の志向が強く想いが共有できません。」 

Q52:「よく、日本で一番高い山は富士山だが、二番目に高い山はほとんどが知らない。でも、私は自分の一番が見つけられずにいます・・。」


Q53:「自分の知らないところでクラブの方針や方策が決まってしまいます。効果的な上司へのアプローチ方法はあるでしょうか?」
 

Q54:「女性専用ジムやサーキットジムなどの普及が伝えられていますが、これらの業態についてどのような見方をされていますか?」 

Q55:「大手クラブはこの時期(9月)、予算の再作成等に忙殺されるとか。私のクラブは4月に作成したらそのまま。どちらが正しいと思いますか?」

Q56:「私の通っているクラブでは『筋肉を強く、大きくすることが大事』と、重い負荷をかけた筋力トレーニングをすることを勧められます。私は健康になれればいいのですが、この指導は正しいのでしょうか?」
 

Q57:「仕事上で同じミスを繰り返してしまいます。つい、目の前のことしか見えなくなってしまうのです・・」  

Q58:「引っ越しを伴う転勤を命じられることが予測されます。現在のクラブに愛着があり、住み慣れた土地から離れることにも不安があります」

Q59:「公共施設で働いています。勤務時間の融通が利くことで続けていますが、民間企業への業務委託の噂もあり将来への不安を感じます・・」 

Q60:「中堅クラブに勤務しています。資格取得を考えているのですが、その費用を会社に申請しようか迷っています。何でも大手クラブは教育費が予算化されているとか・・」 

Q61:「部下スタッフの勉強意欲のなさに困っています。指導しても新聞も読まない有様です」
 

Q62:「会社方針が入会獲得には積極的な半面、定着重視に力を入れていません。業界誌を読んでも定着重視の方向性ははっきりしていると思うのですが」

Q63:「西武の渡辺監督の『褒めて伸ばす指導法』が話題です。部下の指導法に悩んでいますが、『褒めると叱る』をどうお考えですか?」 


Q64:「以前、経歴の中で、『収益感覚のない会社を退職した経緯』を話されていましたが、私のクラブも利益は経営者だけが知っており、現場は在籍を追求する様に言われています」

Q65:「専門学校学生です。卒業後、パーソナルトレーナーを目指しています。組織に入ると、本社のマニュアル通りにやらなければいけないし、事務仕事などの雑務が多くなりトレーナーとしての仕事ができなくなると聞いています。私は会社に縛られない生き方をしたいと思っています」 

Q66:「大学を卒業して3年。地方のスポーツクラブでトレーナーをしています。文章力がなく、言葉の数も知らないことを自覚しています。よい勉強方法や改善方法はあるでしょうか?」 
 

Q67:「本を読んだり、人と会ったりするなど自己成長に時間を費やしたいのですが、日々、業務に追われてしまい時間がありません。時間確保のコツはありますか?」


Q68:先週の「本を読んだり、人と会ったりするなどに時間を費やしたいのですが、日々、業務に追われ時間がありません・・」の続きです。 

Q69:「「フィットネス業界への就職を考えている学生です。他業種からフィットネス業界へ転職した先輩に『この業界の新卒社員は、すぐにアルバイトスタッフの上につく立場で、仕事も簡単に任せてもらえるから下積みが少なく、社会人として成長するには向いていない』と言われました」

Q70:「遠藤さんはよく『ポジショニングを明確に』と言われますが、それは店舗レベルで行って良いものでしょうか?会社から指示はないのですが、それをすると、マネージャー異動ごとに方向性が変わってしまう気がするので・・」 

Q71:「自らの力量の『限界』を感じることがあります。遠藤さんは仕事において『限界』を感じる時はありますか?」 

Q72:「ジムでアルバイトをしながらパーソナルトレーナーもしています。現状に危機感はありつつも、『やりがい』も感じており、次の行動に踏み切れずにいます」

Q73:「接客技術に依存する営業はナンセンスでしょうか?」

Q74:「新年度からの予算について。ほぼ、本社側の意向で作成されたもので、非常に難易度が高いものなっています。『とても達成できないレベル』であり、憂鬱です」
 

Q75:「私のクラブの幹部はトレーニングもしないし、大半がタバコも吸います。遠藤さんならどのように改善のアプローチをされますか?」

Q76:「私のクラブの支配人(マネージャー)は事務所にいることが多く、ほとんどお客様と接しません。接客時間を増やすようにお願いしましたが『お前も支配人業務をやったらわかる』と言われてしまいました」
  

Q77:「クラブの営業が不振です。私はトレーナーですが、退会率は頑張っていて以前より低く推移しているものの、入会が獲得できません。経済不況などの外的要因の影響はやはり無視できないのでしょうか」 

Q78:「現在、某クラブでアルバイトスタッフで働いています。チャンスがあれば社員試験を受けたいのですが、社員の異動が激しく、自分もそのようになってしまうのか不安があります」 

Q79:「進捗管理や完成度の甘さを上司に叱られ続ける日々が続いています。自分では仕事に対する責任意識は持っているつもりなのですが、活路が拓けずにいます」

Q80:「フィットネスチーフからマネージャーに指名されました。他にやる人がいないから、選ばれたようにも思えます。予算のプレッシャーに押しつぶされている先輩も見ており不安があります」
 

Q81:「部下スタッフに年上の方がたくさんいます。注意しなければならない場面も多いのですが、遠慮が先立ち躊躇してしまいます。どのように接するべきでしょうか」

Q82:「上司の方針や指示に納得できないことが多いです。面と向かって反抗もできないので・・。適切な対応方法はありますでしょうか」
 

Q83:「私の職場の先輩社員は危機感がなく、変革心もありません。そのような環境から脱すべく、転職も視野に入れていますが、その前にまずは『自分自身が変わらなければいけない』と思っています。しかし、職場に同化してしまい、その変化が実感できないでいます」 

Q84:「フリーのパーソナルトレーナーとして活動しています。単体クラブより大手クラブの方が福利厚生を含む労働環境は恵まれており、軸足を大手中心に移そうか迷っています」

Q85:「店舗で支配人をしています。休暇取得もままならず、残業は当たり前です。一社員として、ここまでやるべきなのでしょうか」

Q86:「フィットネスが好きで、お客様が好きで、日々、一生懸命やっていますが、なかなか会社から期待される結果を出すことができず悩んでいます」

Q87:「40才代の管理職です。よく、『最近の若者(20代)は弱くなった』といわれますが、どのように捉えていますか?私には弱くなっているように映るのですが・・」 

Q88:「「自身の『モチベーション(やる気)』がなかなか安定しません。『よしやるぞ!』と『もうダメだ・・』という気持ちが交錯してしまいます・・」
 

Q89:「「遠藤さんはゲンをかつぎますか。また、上司がクラブの催事などを大安に実施したがるのですが、意味あることだと思われますか?」 NEW!